| |     latinica | english  
トップ
コソボ・メトヒヤ自治州でのUNMIK活動報告書に関する国連安保理協議に出席したニコラ・セラコヴィッチ セルビア共和国外相の演説(全文)

2021年10月15日
 
国連安全保障理事会でのセラコヴィッチ セルビア共和国外相による演説:対話とこれまでに達成された合意の実施のみが現存する諸問題を解決する為の唯一の正しい道
 
国連コソボ暫定行政ミッション(UNMIK)の機能に関する国連安保理協議でのニコラ・セラコヴィッチ セルビア共和国外相の演説 :
 
 
 
敬愛なる安全保障理事会議長閣下、
 
敬愛なる安全保障理事会メンバーの皆様、
 
敬愛なる特別代表の皆様、
 
グテーレス国際連合事務総長と事務総長特別代表兼国連コソボ暫定行政ミッション(UNMIK)のタニン首班に対して、今回報告書を提出いただいたこと、またUNMIKの任務実施の為に努めていただいていることに対しての感謝の意を表明します。また安保理のメンバーの皆様に対してもコソボ・メトヒヤ問題に対して継続した注意を払っていただいていることに感謝申し上げます。セルビア共和国はコソボ・メトヒヤ自治州での平和の構築と恒久的な平和、安定、及び安全の維持を目指しており、同州に於ける国連暫定行政ミッションによる諸活動を高く評価し、また完全な形での国連安保理決議第1244号に基づいた同ミッションのより効果的な機能を求めております。
 
タニン首班閣下、
 
私達は貴殿の在任期間中に実施された諸活動と協力に対してもここに感謝を申し上げます。
 
議長閣下、
 
コソボ・メトヒヤ州に於ける安全状況に関して、ここ最近セルビア人に対する民族籍を理由とした様々な攻撃や事件が増加していることについては大きな遺憾の念と憂慮を表明しなければならず、これは今回の報告書にても触れられています;プリシュティナの暫定自治機関(PIS)は一方的な行為を続け、これまでのブリュッセルでの対話にて達成された合意の数々の実施を拒否し;またセルビア人への組織的な差別とセルビア正教会の宗教施設に対する攻撃、そして同州内のセルビア人居住地域の経済的持続性の弱体化も続けられています。
 
私達はプリシュティナの暫定自治機関による危険な挑発行為がそのテンポを早め、コソボ・メトヒヤ自治州に住むセルビア人の安全が極度に脅かされ、またブリュッセルでの対話にて築かれてきた協定や合意の数々が直接的に破られていることを毎日のように目撃しています。
 
10月13日に発生した所謂”地域作戦支援部隊(ROSU)”によるコソフスカ・ミトロヴィッツァ市北側での最新の暴力的侵入行為は9回目の同様な行為となります。催涙弾やスタングレネード、また制御なき暴力行為の数々といったものはコソボ・メトヒヤ自治州北部に住むセルビア人にとっての日常のものとなってしまい、このような状況は早急に停止されなければなりません。
 
プリシュティナの特殊部隊が銃火器や化学物質を用いて行なった最新の攻撃では攻撃の最中に用いられた化学物質による影響で71歳のヴェーリッツァ・ジューリッチ氏が死亡し、また同じく武器を持たない10人の市民が負傷しています。この10人の中には背中に自動小銃の発砲を受け重傷を負った36歳のスレチコ・ソフロニーイェヴィッチ氏も含まれています。発砲の対象とされた市民の中には生後3ヶ月の赤ん坊もいましたが、奇跡的に無傷で済んでいます。
 
これはジョセップ・ボレル欧州連合外務・安全保障政策上級代表も述べていることですが、斯様な一方的な行為に対する嘘の言い訳としては「組織犯罪と密輸行為の撲滅」という言葉が使われています。淑女・紳士の皆様、セルビアは組織犯罪と密輸行為の撲滅に力強く取り組んでいますが、国連安保理メンバーの皆様は世界各国が共有するこのように重要且つ地球規模の課題が、皮肉なことに武器を持たない一般市民への武装攻撃に利用され、自動小銃を持っての侵入行為はセルビア人やその他の民族籍の患者の方々がその命を守る上で重要な医薬品を入手している街の薬局にて始まっています。コソボ・メトヒヤ自治州での地方選挙の4日前に行われたことからも、この無責任且つ非人道的な行為は票を集める為のもので、分離主義的な目標の数々がその動機であることは極めて明白です。現在の暫定自治機関の専制体制は市民の命綱となっている医薬品に手を出して国連安保理決議第1244号に反するコソボ・メトヒヤの地位を訴えようとしたのです。
 
この僅か数日前にもプリシュティナによる挑発行為によって危機がもたらされています。重火器や強化型装甲車などで武装した所謂”地域作戦支援部隊(ROSU)”隊員達がセルビア中央部とコソボ・メトヒヤ自治州の間の州境上にある通過地点、ブルニャックとヤリニェに派遣され、州境を通る自動車に対してはセルビアのナンバープレートを暫定自治機関のナンバープレートに変えることが強要されたのですが、これは市民の移動の自由を不可能とする暴力行為に他なりません。
 
これらの出来事は国連コソボ暫定行政ミッション(UNMIK)の機能に関する国連事務総長の最新の報告書の記述対象期間後のものですが、皆様に現場がいかに緊迫した状況にあり、またプリシュティナの一方的な行為による影響がどれだけ深刻なものとなり得るかをご理解いただく為にもこの場にて触れなければなりません。
 
重武装のアルバニア人のみから構成されるプリシュティナ暫定自治機関の警察部隊によるコソボ・メトヒヤ自治州北部への侵入行為は様々な言い訳や動機の下に行われていますが、過度の暴力を伴ったこれらの行為は現場でのただでさえ虚弱な安全状況を更に不安定化させる可能性のある非常に危険な挑発行為です。同州北部でのプリシュティナの特殊部隊による最新の侵入行為の数々は現地のセルビア人を力の誇示によって挑発し、また更なる恐怖をもたらし、同時にベオグラードに対しては挑発的行為を用いることによっていわば軽率な対応を引き出すことが目的にあると言えます。
 
政治対話は現存する問題の唯一の解決方法ですが、プリシュティナがこのような行為にて10年にもわたるその政治対話の抹消を望んでいることは明白です。これらの挑発行為は改めてプリシュティナの暫定自治機関がブリュッセルでの対話による数々の合意の実施を拒んでいる事実のみならず、彼らが問題の解決方法としての対話の完全なる拒否を意図している事実をも示しました。このようなプリシュティナの信頼性の欠如と計り知れない影響をもたらし得る火遊びが続く限り、建設的態度や自制といったものを”両当事者”に呼びかけて効果を期待するのは難しいことは明白ですが、これは既に国際社会の一部の重要国の広報部門でお決まりの対応となってしまいました。このような不安定化の根源はたった一つであり、そこには名前があるのです。「プリシュティナの暫定自治機関」という名です。10月13日の出来事を受け、このような行為は国際社会による早急で断固とした対応にて阻止されなければならないことが明らかになりました。またこれらの行為がプリシュティナによる散発的な個別の挑発行為などではなく、セルビア人に対する民族的感情を理由とした組織的な暴力と差別のキャンペーンであることも一目瞭然となっています。
 
また10月8日に発表されたことですが、プリシュティナが最近セルビア中央部からの一部の製品に対して関税を導入したことにも憂慮を表明します。プリシュティナは2018年11月にもセルビア中央部からの製品に対しての関税導入を一方的に決定していますが、これは通商の実質上の封鎖とベオグラードとプリシュティナ間の対話の長期的な中断という影響をもたらしています。このような数々の一方的な行為によってセルビア中央部に対する障壁を築こうとするプリシュティナに対し、ベオグラードは精力的且つ一貫して人、物資、サービス、資本の流通の自由化に取り組んでおり、これこそが私達のイニシアチブである”オープン・バルカン”の根幹たる意図でもあります。
 
 敬愛なる安全保障理事会メンバーの皆様、
 
今回の最新の報告書が扱う今年の3月から9月にかけては実に100件近くの民族的感情によるセルビア人への攻撃や、彼らの私財及び宗教・文化施設に対する攻撃がありました。これら攻撃の頻度が高まっているばかりか、民族的感情を理由とした暴力行為の激しさも深刻なものとなっています。子供や老人、女性、数少ない帰還者、それにセルビア正教会の寺院や施設がターゲットとなる事件が増加しているのです。
 
これらの攻撃の数々によってセルビア人社会では遍在する不安が体系的に増幅され、また地元のアルバニア人社会が罰則を受けることもなくセルビア人を攻撃し、セルビア人の故郷への帰還と居住を不可能なものとすることも可能だというメッセージは帰還を望む人々を戻してしまうことにも繋がります。
 
コソボ・メトヒヤ州でのセルビア人の現状を最も如実に表しているのは今年6月初頭に発生した、ジャコヴィッツァ市にある自分のアパートに帰還したドラギッツァ・ガーシッチ氏のケースでしょう。地元のアルバニア人達は誇りさえ持ってこの街を”セルビア人が禁じられた街”などと呼んでいますが、ガーシッチ氏は帰還の直後にアルバニア人市民からの肉体的暴力や言葉の暴力を受けることになりました。この重い病気も抱えた女性は保護を受けることもなかったばかりか、その後地元の自治体や警察も参画した組織的な迫害の被害者となっています。彼女は20年以上の時を経てセルビア人として最初で唯一のジャコヴィッツァへの帰還者であり、彼女の権利の保護にあたっては少なくとも地元の市民社会組織が参画することが期待されていました。しかしガーシッチ氏の迫害を目的とした行為には間も無くこのジャコヴィッツァの市民社会組織の数々も加わることとなりました。この中には民主主義と法の支配の強化に関するプロジェクトで外国から資金援助を受けている団体さえあったのです。
 
またペーチ市の中心部では唯一街に残ったセルビア人女性である元教師のルメナ・リュービッチ氏の家で今年の10月13日、24時間の間に2回にもわたって窓への投石がありました。
 
ドラギッツァさんとルメナさんの辿った運命は人権を巡る悲惨な状況を描き出しており、200,000人以上にも上るセルビア人とその他の非アルバニア人の避難民にとっても同様の運命がコソボ・メトヒヤ自治州で待ち受けていることを意味するものでもあります。彼らが20年以上の時を経て同州に残る自分の家への帰還を果たすためには並々ならぬ勇気が必要です。1999年以降、コソボ・メトヒヤ自治州への持続的な帰還はセルビア人とその他の非アルバニア人の国内避難民の僅か1.9%しか果たせていません。
 
従ってこれらへの言及は、安全保障理事会メンバーと現場に駐在する国際機関が国連安保理決議第1244号により実施されている国連コソボ暫定行政ミッション(UNMIK)の任務の重要な部分でもある避難民の帰還という問題に今後優先的に注意を払わせるものと信じています。
 
またこれを理由に私は事務総長がこの非常に重要な問題に焦点を当て続け、今回の報告書の結論の中でも国内避難民の持続可能な帰還と帰還民の持続可能な再統合のための条件の構築を再度呼びかけたことに感謝の意を表するものです。
 
敬愛なる安全保障理事会メンバーの皆様、
 
コソボ・メトヒヤ自治州にあるセルビアの中世文化財の数々は、一部がその並外れた価値と共に、絶え間無く危険に晒されていることを理由にユネスコの危機遺産に登録されていますが、これらは未だにヨーロッパでも最も危険に晒されている文化遺産の一つでもあります。
 
コソボ・メトヒヤ自治州には1,300以上ものセルビアの教会と修道院があります。セルビアの文化・宗教遺産への攻撃は、同時に州内に居住するセルビア人のアイデンティティへの攻撃でもあり、彼らの安全に対する心情に直接的な影響をもたらします。
 
同州内にあるセルビアの文化・宗教文化財を顧みない行為の顕著な例は、ヴィソキ・デチャニ修道院でしょう。この修道院は2000年以降数々の攻撃や砲撃の標的とされ、その脅威の為にコソボ治安維持部隊(KFOR)による警備下にあります。一連の敵対行為に直面し、加えて加害者が世界遺産であるという事実を加味することもありません。幾度にもわたる宣言といった形での呼びかけにもかかわらず、5年前プリシュティナ暫定自治機関の所謂”憲法裁判所”は24ヘクタール余の土地に対するヴィソキ・デチャニ修道院の所有権確認を拒否しています。私達はこの問題についての国連事務総長の評価を歓迎するものです。
 
敬愛する議長閣下、
 
セルビア共和国は安保理決議第1244号にも定義されているように、恒久的平和と安定をもたらす妥協的な政治的解決策の模索に引き続き取り組む所存です。私達は対話と結ばれた数々の合意の実施こそが全ての現存する諸問題の解決にあたっての唯一の正しい道であると深く信じています。
 
国際法の順守を求める国連加盟国として、セルビアは対話における当事者間に作為的なバランスを確立しようとするいかなる試みにも、そして一方的な行為が伴う責任の相対化にも反対するものです。
 
また私達はブリュッセル協定が結ばれてから8年以上が経過しても、ベオグラードが同協定に基づく全ての義務を果たしたのに対して、セルビア人自治体連合の設立が未だに始まっていないことについて憂慮を表明するものです。
 
これまでのエネルギー、司法、移動の自由、当局者の訪問といった分野での対話にて達成された合意の数々にプリシュティナ側が違反ないしは妨害するケースは数多く、且つ定期的なものとなっています。
 
その一例としてはイヴァン・トドスィイェヴィッチ氏に懲役2年の判決が下されたことが挙げられますが、これは事務総長報告書の中でも指摘されています。これは欧州連合の代表者達によっても指摘された通り、ブリュッセル協定の直接的な違反にあたります。プリシュティナはこの行為にてコソボ・メトヒヤ自治州での和解プロセスに対して計り知れない損害を与えています。
 
トドスィイェヴィッチ氏がセルビア人裁判官が過半数を占める合議体によって刑の宣告を受けなければならなかった為にブリュッセル協定違反であるとの欧州委員会の見解が示されたにもかかわらず、プリシュティナは本件に関して何の反応も示していません。
 
またプリシュティナはコソボ・メトヒヤ自治州領内へのセルビア政府代表者の入域禁止措置も続けています。
 
私達は国際社会、特に欧州連合が同協定の保証者としてプリシュティナ暫定自治機関に対して全ての合意の実施を強く求めることが重要であると考えます。
 
敬愛なる安全保障理事会メンバーの皆様、
 
セルビア共和国は引き続き行方不明者の問題解決に全力で取り組む所存ですが、これは関連する国際的なメカニズムとの完全なる協力、また行方不明者問題に関する作業部会の活動への参加といったものが物語っています。プリシュティナ暫定自治機関の代表者達に対してもその義務の履行を求めるものです。
 
これまで私が話してきたこと全てを念頭に、コソボ・メトヒヤ自治州での国際機関の存在は国連安保理決議第1244号に合致したものであり、且つ必要なものと考えます。国連コソボ暫定行政ミッション(UNMIK)に加え、コソボ治安維持部隊(KFOR)の存在も安全保障の主要な保証者として、また欧州連合・法の支配ミッション(EULEX)の存在も法の支配という分野での活動でそれぞれ重要です。セルビアは国際法の遵守、国連安保理決議第1244号の包括的な履行、そして安保理決議によって委任された任務の遂行を目的とした国連コソボ暫定行政ミッション(UNMIK)の活動を全面的に支持することを改めてここに強調致しますが、同ミッションの活動が縮小されることなく、相応の財源を付与されることも求めたいと思います。
 
ありがとうございました。
 
###

印刷用
ニュース
コヴァチュ大使はEU・ジャパンフェスト日本委員会の古木修治事務局長と会談しました(2021/11/25)
セルビアと日本の友好関係140周年を記念して、松原食品よりセルビア料理「ムチュカリッツァ」のレトルト食品が発売されます(2021/11/24)
コヴァチュ大使は日本通運の齋藤充社長と会談しました(2021/11/22)
コヴァチュ大使はT&N企画の安達のり子代表と懇談しました(2021/11/19)
コヴァチュ大使は前川製作所を訪問し、前川真社長と会談しました(2021/11/16)
第47回現代童画展にて坂崎由里乃さんの作品「二面(ふたおもて)」がセルビア共和国大使館賞を受賞しました(2021/11/15)
コヴァチュ大使は日本・モンテネグロ友好協会の奥貴江子常務理事、そして日本コンサルタンツ株式会社の秋山芳弘副本部長と藤森啓江係長と会談しました(2021/11/15)
コソボ・メトヒヤに存在するセルビア文化遺産の保護におけるユネスコの重要な役割(2021/11/12)
コヴァチュ大使は国際ピアノ指導者連盟の福田里香さんと古泉元子さん、そして角崎悦子さんと会談しました(2021/11/12)
セルビア共和国大使館のティヤナが明治大学でセルビアの歴史文化に関する講義を行いました(2021/11/10)
コヴァチュ大使は牧寿夫富士見市国際友好協会会長と会談しました(2021/11/09)
二重課税の撤廃に関するセルビアと日本の合意が発効しました(2021/11/06)
コヴァチュ大使は矢崎総業のY-CITYを訪問し、矢崎信二社長と会談しました(2021/11/05)
コヴァチュ大使は元青年海外協力隊員の宮城勇也さんと面談しました(2021/11/04)
アレクサンダル・ヴチッチ セルビア共和国大統領による国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)での演説全文です(2021/11/02)
コヴァチュ大使、大久保好男日本テレビ放送網社長・日本民間放送連盟会長を表敬訪問(2021/11/02)
セルビア政府、「男女共同参画の日」を制定(2021/10/29)
コヴァチュ大使は日本セルビア協会の綾目義一氏と長井忠氏と会談しました(2021/10/28)
日本通運(株)がセルビアに支店を開設(2021/10/28)
セルビアと日本の外務省の間でオンライン政治協議
コヴァチュ大使は女性首長による第3回「びじょんネットワーク」に参加しました(2021/10/23)
コヴァチュ大使はJTの丹呉泰健会長と岩井睦雄副社長を表敬訪問しました(2021/10/22)
コヴァチュ大使、J-Win Executiveネットワークメンター事業のキックオフ定例会に出席(2021/10/21)
山口県防府市の池田豊市長と日本セルビア協会の長井忠会長がコヴァチュ大使を表敬訪問(2021/10/21)
コヴァチュ大使は港区の武井雅昭区長を表敬訪問しました(2021/10/20)
コヴァチュ大使は慶應義塾大学のダルコ・ラドヴィッチ名誉教授と面談しました(2021/10/19)
写真家の古賀亜希子さんとセルビア人アーティスト、サーシャ・マリヤノヴィッチさんの作品が雑誌「アートコレクターズ」10月号に掲載されました
コヴァチュ大使は富士見市の星野光弘市長をはじめとする同市代表団と会談しました(2021/10/18)
コソボ・メトヒヤ自治州でのUNMIK活動報告書に関する国連安保理協議に出席したニコラ・セラコヴィッチ セルビア共和国外相の演説(全文)
コヴァチュ大使は北岡伸一JICA理事長と会談しました(2021/10/14)
コヴァチュ大使は経団連ヨーロッパ地域委員会の佐藤義雄委員長と会談しました(2021/10/13)
コヴァチュ大使が山東昭子参議院議長を表敬訪問しました(2021/10/12)
コヴァチュ大使が松原食品の奈良原一平専務と面談(2021/10/12)
コヴァチュ大使、JBIC 国際協力銀行の前田匡史総裁と会談(2021/10/11)
コヴァチュ大使、JETROの佐々木伸彦理事長と会談(2021/10/08)
コヴァチュ大使は環境エネルギー政策研究所の創設者・所長の飯田哲也氏と面談しました(2021/10/07)
コヴァチュ大使はフルート奏者の吉川久子さんと面会しました(2021/10/06)
国際芸術交流協会「シロカ・スターザ」による国際公募展「MINI AKT vol.6」開催のお知らせ
コヴァチュ大使が矢崎総業の矢崎信二代表取締役社長と会談
コヴァチュ大使がFC町田ゼルビアのランコ・ポポヴィッチ監督と会談、対ジュビロ磐田戦を観戦(2021/10/03)
コヴァチュ大使が国民民主党の玉木雄一郎代表を表敬訪問(2021/09/29)
コヴァチュ大使が角崎利夫元駐セルビア日本大使、悦子夫人と会談(2021/09/28)
コヴァチュ大使が株式会社マコトインベストメンツの代表者と会談(2021/09/27)
コヴァチュ大使が明石康・元国連事務次長/元旧ユーゴ担当国連事務総長特別代表と会談(2021/09/24)
コヴァチュ大使が第三企画の久米社長と会談(2021/09/21)
「セルビア人の団結、自由、民族の旗の日」を記念してお祝い申し上げます(2021/09/15)
スクラム・ユニゾンの皆様にセルビア国歌を歌っていただきました
コヴァチュ大使が公明党の山口代表を表敬訪問しました(2021/09/08)
コヴァチュ大使がNidecの泉田常務執行役員と会談(2021/09/07)
コヴァチュ大使が天皇陛下に信任状を捧呈しました(2021/08/31)
日本セルビア友好議員連盟の城内実事務局長を表敬訪問しました(2021/08/27)
日本セルビア友好議員連盟の逢沢一郎会長を表敬訪問しました(2021/08/26)
セルビア人画家による国際水彩画交流展が開催されます
落札者の決定について
ティヤナさんがセルビア共和国大使館を訪問(2021/08/20)
セルビア・日本・ジャマイカの友情を深めた東京オリンピック(2021/08/19)
ヴチッチ大統領が「嵐作戦」のセルビア人犠牲者及び追放者を記憶する日の記念式典に出席
落札者の決定について
入札公募(2021/07/21)
長門ティヤナ大使秘書がオンライン特別授業に参加しました(2021/07/07)
「防府市・セルビア共和国ホストタウンフレーム切手」が発売
サッカーセルビア代表が来日しました(2021/06/04)
ドゥボカ臨時代理大使が写真展「Чудо Светог Саве/聖サヴァの奇蹟」を訪問(2021/06/01)
入札公告(2021/06/01)
写真家・古賀亜希子さんの展覧会「Чудо Светог Саве/聖サヴァの奇蹟」のお知らせ
雑誌『時空旅人』でセルビア料理が取り上げられました
セルビア投資オンラインセミナー開催(5月20日)のお知らせ
高橋ブランカさんの作品が展示されます
ジェリカ・ガヴリロヴィッチさんの作品が展示されます
イレーナ・クズマノヴィッチさんの作品が展示されます
日本電産(Nidec)がノヴィ・サド市に新工場を建設(2021/04/09)
Serbia ITF WC Tournament(1)出場者募集のご案内
セルビア人アーティストの展示会「Games of Thrones」開催のご案内
セルビア国内企業の動向に関する資料をダウンロードできます
セルビアの投資に関する資料をダウンロードできます
NATO侵略による犠牲者の追悼式典(2021/03/24)
セルビア産のワインが伊勢丹新宿店の「世界を旅するワイン展」で販売されます
上山直英名誉総領事に「セルビア国旗勲章第三等級章」の勲章と勲記を贈呈(2021/02/15)
セルビア共和国の「国家の日」を記念して、外務省のビデオメッセージを公開(2021/02/15)
セルビア共和国大使館のTwitterアカウントを開設しました
セルビア人アーティストの作品が展示されます
入札公告(2021/02/04)
セルビア文学作品の外国語翻訳プロジェクトの協調融資に関する公募
アナ・ダブッツォさんの作品が展示されます
セラコヴィッチ外務大臣によるディアスポラに関する談話(2021/01/04)
セラコヴィッチ外務大臣による外交政策に関する談話(2021/01/03)
ヴチッチ大統領が2021年の政策について会見を開きました(2020/12/28)
ブルナビッチ首相が新型コロナウィルス感染症のワクチンを接種(2020/12/25)
ブルナビッチ首相が勝亦新大使と会談(2020/12/24)
北上市の交流イベントに参加しました(2020/12/20)
【重要】外国籍者のセルビア入国にはPCR検査の陰性証明書が必要です
ヴチッチ大統領が勝亦新大使から信任状を受け取りました(2020/12/11)
「世界人権デー」に関連するセルビア外務省の声明(2020/12/11)
「セルビアからのアートな便り ~ふたつの国際交流展~」のお知らせ
高橋ブランカさんの個展「more than words」のご案内
埼玉県富士見市によるセルビア共和国の応援メッセージ動画が公開
岩手県北上市によるセルビア共和国の応援メッセージ動画が公開
セルビア出身のアーティストの作品が鳥取県立博物館で展示されます
セルビアのワインがクリスマスイベントで限定販売されます
イリネイ総主教の逝去に際する弔問記帳受付のお知らせ
公明党の山口那津男代表を表敬訪問(2020/11/19)
入札公告(2020/11/16)
WPTAコンサート2020「音楽紀行 セルビアからウィーンへ」開催のお知らせ
ドゥボカ臨時代理大使が「2020着物に世界を映す」展覧会に出席
小説『私たちはみんなテスラの子供』(前編)発売のおしらせ
映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』、『鉄道運転士の花束』上映のご案内
セルビアでのビジネスにご関心のある方へ
セルビア産のワインが販売されます 「世界の酒とチーズフェスティバル」
セルビアに関するオンライン講座を実施(2020/09/24)
セルビア人による日本画の個展「花の賛歌・Hymn of flowers」のご案内
日・セルビア租税条約が署名されました(2020/07/22)
ピアニスト井尻愛沙さんのインタビューがセルビアの月刊誌に掲載されました
ジョコヴィッチ選手に特別顕彰(2020/05/30)
セルビア共和国への入国に関するご案内(2020/05/22)
ビザ申請の受付を再開しました(2020/05/22)
セルビア国内における非常事態宣言が解除されました(2020/05/06)
セルビア共和国の国境封鎖に関するお知らせ(2020/03/16)
ビザ申請の受付を一時的に停止します(2020/03/16)
ギャラリーコレクション展「anecdote」のご案内
入札公告(2020/03/16)
新型コロナウイルス感染症に関する最新情報
日本・セルビア演劇交流プロジェクト Vol.5『SKAKAVCI いなごたち』のご案内
グリシッチ大使が富士見市の卓球大会に参加 オペラ鑑賞も(2020/02/18)
上山直英名誉総領事が「セルビア国旗勲章第三等級章」を受章(2020/02/15)
ミラン・トゥーツォヴィッチさんの追悼展のご案内(2020/02/12-27)
行田市立忍中学校の生徒が大使館訪問(2020/02/13)
NHKの番組でセルビアのお菓子が紹介されます
ヴァイオリニスト、ネマニャ・ラドゥロヴィチさんの来日公演のお知らせ
中央区立晴海中学校の1年生が大使館訪問(2020/02/04)
府中第四中学校の生徒が大使館を訪問(2020/01/24)
「セルビアフェア」が渋谷のTSUTAYAで開催中!(2019/12/26-2020/1/31)
『dancyu』2月号でセルビアの「スラヴァ」が紹介されます
グリシッチ大使が富士見市の星野市長と対談しました
富士見市で「セルビア語・セルビア料理教室」を開催(2019/12/25)
熊野東中学校の生徒が大使館を訪問(2019/12/04)
高瀬瑠菜さんがグリシッチ大使と交流(2019/12/02)
ハンドボールセルビア女子代表が世界選手権に出場します
東洋英和女学院大学の学生が大使館を訪問(2019/11/28)
写真展「Црнобог 黒い神」とトークイベント開催のお知らせ
セルビア人と日本人のデュオ「FuGo」来日コンサートのご案内
セルビアのチームが優勝 3人制バスケットのクラブ世界一決定戦(2019/11/02-03)
ブルナビッチ首相が「即位礼正殿の儀」と「饗宴の儀」に参列(2019/10/22)
ブルナビッチ首相が安倍総理と二国間会談を行いました(2019/10/21)
セルビアのピアノデュオ「LP DUO」来日コンサートのご案内
「日本セルビア映画祭 」開催のお知らせ
セルビア産のワインが大丸東京店で期間限定販売されます
欧州文化首都「ノヴィ・サド2021」に関するプレゼンテーション&交流会のご案内
ジョコヴィッチ選手が楽天ジャパン・オープンに出場します
グリシッチ大使が山東昭子参議院議長を表敬訪問(2019/09/11)
セルビアの文化を紹介 「こくさいひろばカフェで世界一周」のお知らせ
山崎佳代子さんが第29回「紫式部文学賞」を受賞(2019/09/03)
「富士見市×セルビア共和国」ホストタウンフレーム切手が販売中
グリシッチ大使が大島理森衆議院議長を表敬訪問(2019/08/20)
ダチッチ外務大臣が河野外務大臣とベオグラードで会談(2019/08/15)
鶴見大学附属中高の生徒が大使館を訪問しました(2019/08/09)
写真家マルコ・スタマトビッチさんの展示会のお知らせ
ダチッチ外務大臣が城内環境副大臣と会談(2019/07/23)
ダンスシアター「彼女の椅子(仮)」のご案内
映画『鉄道運転士の花束』が8月17日より上映されます
グリシッチ大使が埼玉県でのオリンピック1年前イベントに出席(2019/07/20)
「シネマポストユーゴ2019 ~ユーゴスラヴィアの100年~」のお知らせ
グリシッチ大使が女子バレー・ネーションズリーグを観戦(2019/06/12)
ハンドボール女子セルビア代表が世界選手権の出場権を獲得
「日本セルビア映画祭セレクション in にいがた国際映画祭 」のお知らせ
セルビア共和国大使館ブース出展のお知らせ
セルビアと日本の音楽~CD完成記念ライブ~のお知らせ
角崎悦子さんの「功労金章」伝達式を開催(2019/04/12)
ダチッチ外務大臣が薗浦内閣総理大臣補佐官と会談(2019/04/10)
写真展「美しきセルビア~食を通して知るバルカンの国~」のご案内
「Art Cocktail 2019」にセルビア人アーティストが参加
吉川久子さんのフルートコンサートのお知らせ
薗浦健太郎内閣総理大臣補佐官を表敬訪問(2019/04/02)
『週刊新潮』に掲載 グリシッチ大使が語るセルビア料理(2019/03/29)
グリシッチ大使が新潟県柏崎市を訪問(2019/03/17-18)
日本・セルビア現代美術交流展「遠くへ」のご案内
「セルビア音楽祭2019」の参加者・観覧者を募集
「実験の地形図:ユーゴスラヴィアのシネマ・クラブ」のご案内
「セルビアデー」がJICA地球ひろばで開催されました(2019/02/02)
「Serbian Night」開催のご案内
日本初開催!「ニコラ・テスラ展」のご案内
大田区馬込第三小学校の児童と交流(2019/01/29)
グリシッチ大使が「ニコラ・テスラ展」の開幕セレモニーに出席(2019/01/26)
写真展「BEOGRAD BY NIGHT」のご案内
在留セルビア人アーティストの作品展示「World Art Tokyo」
ビザ免除措置を適用(セントクリストファー・ネイビス連邦、パラオ共和国)
「日本セルビア映画祭」東京上映会のお知らせ
埼玉県富士見市が東京五輪のホストタウンに登録
セルビア共和国に関する展示およびセミナーのご案内
セルビア料理が品川のブックカフェで食べられます
日本初のセルビア料理本『イェレナと学ぶセルビア料理』が発売されます
セルビア在住のアコーディオン奏者・竹下史子さんのコンサートのご案内
埼玉県富士見市の学校でセルビア料理の給食が提供されました
バレーボール女子セルビア代表が世界王者に輝きました!
イヴァン・バーシッチさんのピアノリサイタルが開催されます
バレーボール女子セルビア代表が世界選手権に出場します
セルビアの魅力を伝えるトーク&スライドショー「セルビアに乾杯!」のお知らせ
大使秘書がBSジャパンの番組「ワタシが日本に住む理由」出演します
朝日カルチャーセンターで「セルビアの世界遺産」講座
「サーニャ・ポシュティッチ展」のご案内
セルビアのラガメタルバンド 「Senshi」来日ツアーのお知らせ
大仙市立大曲中学校の生徒が来館 地元の花火大会をPR(2018/09/04)
富士市立高等学校の生徒たちが大使館訪問(2018/09/03)
銀座でセルビア料理が食べられるようになりました!【終了しました】
ネマニャ・ラドゥロヴィチ来日ツアー2018のお知らせ
「大井どんたく夏まつり」に特別ブースを出展します
『セルビア部品・材料調達展示商談会』 に参加する企業を募集します
セルビア政府が平成30年7月豪雨の被災地に義援金送付を決定
「日本・セルビア国際児童画交流展」開催のお知らせ
山崎佳代子さんの書籍『パンと野いちご:戦火のセルビア、食物の記憶』刊行記念イベントのご案内
マリヤーナ・アンジェリッチさんの作品が展示されます
セルビア共和国大使館バザー開催のお知らせ
自民党の小泉龍司議員を表敬訪問(2018/06/29)
修学旅行生が大使館を訪問
セルビア映画上映のお知らせ ~シネマポストユーゴ2018~
浜川小学校の5年生が来館(2018/06/04)
鈴ヶ森中学校を訪問(2018/06/01)
セルビアのワインがコストコで販売されます
各務原市立鵜沼中学校の生徒が訪問(2018/05/30)
写真展「Sleepless in Russia」開催のお知らせ
「ミラ・マオドシュ」展のお知らせ
セルビア大使館ブース出展のお知らせ in 横浜(2018/05/26,27)
イヴァン・ムルキッチ元大使に「旭日大綬章」が授与されました(2018/05/08)
書籍『パンと野いちご:戦火のセルビア、食物の記憶』と記念イベント開催のお知らせ
セルビアのワインと食品を販売「地中海の美食&ワインFair」
「ユーゴスラビア実験映画1960-70年代:ベオグラードのシネマクラブたち」のご案内
グリシッチ大使が藤沢市長と会談(2018/04/10)
グリシッチ大使が前川製作所を表敬訪問(2018/03/27)
篠崎第二小学校で「平和を考える」講演会
国際食品・飲料展「FOODEX 2018」を視察
ローラ民族音楽舞踊団のコンサートを鑑賞
ドラガン・バーボヴィッチ写真展のご案内
タチアナ・ピロヴィッチ展のご案内
「FOODEX JAPAN 2018」にセルビア企業が参加します
ローラ民族音楽舞踊団が来日公演ツアーを行います
城内実衆議院議員を訪問(2018/02/09)、日本セルビア友好議員連盟の会合に出席(2018/02/22)
国際協力入門セミナー 「セルビアとの交流の種を育てる」のご案内
セルビア文学作品の外国語翻訳プロジェクトのご案内
セルビア人アーティスト、ソフィヤ・ルジッチさんの作品が展示されます
「欧州文化首都2021」ノヴィサド市から代表団が来日します
「セルビア映画 in 多摩六都フェア2018 ウィンターフェス」開催のお知らせ
東洋英和女学院の学生による「セルビアンラボラトリー」が開催されました(2018/01/12)
あけましておめでとうございます
作品展示「ニコラ・テスラへ」~セルビアの子供たちから~のお知らせ
和製バルカンユニット「JapaLkan」セルビア初公演のお知らせ
FKヴォイヴォディナのユースチームが来日します
現代童画展の受賞作品がセルビア大使館に展示されます
熊野東中学校の生徒が来館(2017/12/06)
東京都中野区の中学生が来館しました(2017/11/29,12/01)
「日本セルビア映画祭2017」開催のお知らせ
「7人のセルビア人アーティスト」展のお知らせ
セルビア人が登場する小説『花のお江戸で粗茶一服』が刊行されました
日本からセルビアへ テニス留学中の日本人
飯田市の高校生と「水引細工」を通して交流を深めました(2017/10/27)
「Serbian Night & Day @イシワタリ」開催のお知らせ
「 MINI AKT in JAPAN vol.2」の開催のご案内
「ヒランダルスカ 14 倶楽部」展のご案内
フルート奏者・吉川久子さんのコンサートのご案内
「セルビアにおける古代ローマ文化を五感で楽しむ会」開催のお知らせ
ミレンコ・ステヴァノヴィッチさんの作品が展示
セルビア政府観光局が出展 「ツーリズムEXPOジャパン2017」
セルビアの食と文化を楽しもう! 「東京味わいフェスタ2017 in 臨海副都心」
「ウンザ!ウンザ!クストリッツァ!2017」のお知らせ
富士市立高等学校がセルビア共和国大使館を訪問(2017/09/04)
JapaLkanの大使館コンサートが開催されました(2017/09/06)
クストリッツァ監督の映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』が9月に公開
日本セルビア映画祭(JSFF) 2017 短編映画公募のお知らせ
画家マリヤーナ・アンジェリッチさんの作品が入選
JapaLkan大使館コンサートのご案内
「ザ・ノー・スモーキング・オーケストラ」の来日ライブが決定
セルビア共和国大使館バザーのご案内
「大井どんたく夏まつり」に特別ブースを出展します
セルビアから参戦 3人制バスケ世界大会 in 宇都宮
昌平中学校の生徒が大使館を訪問(2017/07/25)
セルビア人ヴァイオリニストが『題名のない音楽会』に出演します
コンティッチ臨時代理大使が防府市を訪問(2017/07/17-18)
セルビアのギター職人、ゾラン・パンティッチさんのギターを日本で
『世界の果てまでイッテQ! 』でセルビアが紹介されました
バレーボール女子セルビア代表が来日します
マリヤーナ・アンジェリッチさんの作品が展示
品川区立浜川小学校で「グローバル給食」を堪能(2017/07/04)
セルビア人アーティストの作品を展示 企画展「FAVORITE 2017」
セルビアが『世界の果てまでイッテQ! 』で紹介されました
バレー女子セルビア代表選手がJTマーヴェラスに入部
日本・セルビア演劇交流プロジェクト『ビザール〜奇妙な午後~』のご案内
セルビアの選手が銅メダル 重量挙げの世界ジュニア選手権
料理を通して学ぶセルビア
写真展「Waking Belgrade」の内覧会が開催されました(2017/06/15)
「日本セルビア135周年懇親会」を開催(2017/06/12)
写真展『Walking Belgrade』のご案内
大使館訪問で生徒たちと交流
エミール・クストリッツァ映画監督の小説『夫婦の中のよそもの』が発売
ネマニャ・ラドゥロヴィチ来日公演のお知らせ
BS-TBS「世界一周 魅惑の鉄道紀行」でセルビアが取り上げられました
「収穫祭」は大盛況 ご来場ありがとうございました
セルビア大使館ブース出展のお知らせ(2017/05/27-28)
セルビアでのビジネスミッションのご案内  ※5/19申込み締切
セルビア開発庁が日本人派遣インターンを募集(2017年9月 ‐ 2018年2月 最大5か月)
「セルビア・日本現代美術交流展 - LIFE and DEATH -」開催のお知らせ
鶴見大学附属中高の生徒が大使館を訪問(2017/03/30)
セルビア王室ワインを紹介(2017/03/7-11)
雑誌『BRUTUS』にセルビア大使館が登場
セルビア大使館のストラップが大賞を受賞
飯田OIDE長姫高校商業科の授業に参加しました(2017/02/23-24)
九段中等教育学校の生徒が大使館訪問(2017/02/17)
セルビア共和国ナショナルデー祝賀会を開催(2017/02/15)
東欧演歌国際フォーラムのご案内
「日本セルビア映画祭 大阪上映会2017」のご案内
八王子市立南大沢中学校の生徒が大使館を訪問(2017/02/10)
篠崎第二小学校の6年生が大使館を訪問(2017/01/27)
堺中学校の生徒が大使館訪問(2017/01/27)
マリヤーナ・アンジェリッチさんの作品が展示されます
ニュース